Hearthstone雑記

Hearthstoneのデッキ紹介、カード考察など

コボルトと秘宝の迷宮 ハンターカード考察(11/27追記)[新拡張]

ワンダリングモンスター

・ワンダリングモンスター スペル2 レア
秘策:敵が自分のヒーローを攻撃した時、コスト3のミニオン1体が召喚され攻撃を引き受ける。

能力は良い。3マナミニオンの当たり外れはあれど、攻撃を1回引き受けてくれることが重要である。また他のハンター秘策とも相性が良い。「凍結の罠」や「爆発の罠」ほどでは無いだろうが、十分驚異となる罠になるだろう。アリーナでもそこそこ評価されると思う。


圧し潰す壁

・圧し潰す壁 スペル7 エピック
相手の一番左と一番右のミニオンを破壊する。

能力は微妙。ミニオン2体除去だが対策が取られやすく、最大効果を得るのが難しい。その上でコストが高すぎるので、あまり採用されないと思われる。アリーナでもあまり評価は良くないだろう。

 

 沁み出すウーズリング

・沁み出すウーズリング 6/5/4 レア
雄叫び:自分のデッキのランダムなミニオンの断末魔を獲得する。

ステータスは悪い、能力は良い。デッキ内に能力が限定されているため、望む能力を付与しやすいのが利点である。ハイブリッドハンターデッキには採用される可能性が高い。アリーナでも高評価になるだろう。


キャスリーナ・ウィンターウィスプ

・キャスリーナ・ウィンターウィスプ 8/6/6 レジェンド
雄叫び&断末魔: 獣を1体招集する。

ステータスはやや悪い、能力は良い。単純に強力な能力でもあり、状況を選ばず場に出せることが強みである。迷ったら入れるぐらいの気安さがあるカードである。アリーナでも高評価だろう。