Hearthstone雑記

Hearthstoneのデッキ紹介、カード考察など

カードバランス調整(アップデート9.1)考察

練気

・練気
「このターンの間のみマナクリスタルを1つ獲得する。」に効果を変更。(2つ→1つに減少)

効果としてはただのコインと同等になった。どのようなデッキを作るにしても練気は採用候補であったが、それはある意味で非常に強力なカードであることの証拠でもあった。
この変更によって採用率はかなり減るだろう。ローグでも「偽造コイン」を採用しているデッキは少ないことでもそれは分かる。また、これによりアグロ対策が非常に難しくなるため、猛威を奮う翡翠ドルイドは大幅なデッキ調整に悩まされることになるだろう。


烈火の戦斧
・烈火の戦斧
コストを3マナに変更。(2→3に増加)

最強の武器カードが弱体化され、ステータスは「イーグルホーン・ボウ」と同じなった。これによりテンポにかなりの影響が見込まれるだろう。ただし、代わりになるカードがあるわけでもなく採用率はさほど変わらないだろう。海賊ウォーリアは弱体化するが、そこまでの影響は感じないかもしれない。相手側としては、1ターン目の1/1/3ミニオンが即除去されなくなるので、かなり安心できる状況になるだろう。

呪術
・呪術
コストを4マナに変更。(3→4に増加)

これまた最強の除去カードが弱体化され、「動物変身」とほぼ同等になった。これによる影響は正直あまり見えない。あくまで相手に対応するカードのため使用するターンが決まっていないことにより、コスト増の影響度が測りにくいためである。よりシャーマンらしさを出すならオーバーロード追加した方が良い気もするが、それはそれでシナジー効果もあるので難しいところなのだろう。現環境では採用デッキがあまり多く無いため、影響は低いだろう。


マーロックの戦隊長
・マーロックの戦隊長
「自身を除く味方のマーロックは攻撃力+2を得る。」に効果を変更。(攻撃力+2、体力+1から低下)

またまマーロック最強のバフカードが弱体化となった。体力の増加効果は実質体力回復効果でもあり、これがなくなることはかなりの影響がでるだろう。マーロックが死にやすくなることはさまざまなマーロックデッキに影響が出るが、このカードがマーロックデッキに採用されなくなることはないだろう。ただ、マーロックデッキが無くなってしまう可能性はある。


拡がりゆく虫害
・拡がりゆく虫害
コストを6マナに変更。(5→6に増加)

対アグロカードの新カードが早々に弱体化された。練気との組み合わせで相当強力だったが、両方一緒に弱体化されたことで逆にアグロ対策出来なくなったような気がする。それでもこのカードの価値はあまり下がらないだろう、というか元々強すぎたのである。マーロックの弱体化もあり、上手くバランスが取れたかもしれない。


・雑記
調整中だったマーロックドルイドが、この調整で3枚も影響を受けててまったくもって使い物にならなくなりそうだ。何かしら、別のデッキを構想した方が良いと思い思索にふけっている。人気の無いメイジ、ローグでなにか考えよう。