Hearthstone雑記

Hearthstoneのデッキ紹介、カード考察など

凍てつく王座の騎士団 シャーマンカード考察(8/8)[新拡張]

ドラッカリの守備兵
・ドラッカリの守備兵 3/2/8 コモン
挑発、オーバーロード:(3)

ステータスはかなり良い、能力はやや悪い。序盤で使用しにくく、終盤ではやや力不足の微妙な性能になっている。1ターン捨ててでもアグロ対策する場合には採用される可能性もあるが、《野獣の精霊 / Feral Spirit》と比べると見劣りしてしまう。アリーナではそこそこ高評価になると思われる。ワイルドならば活かす方法は沢山ある。


豪雪の巨人
・豪雪の巨人 11/8/8 エピック
この対戦で自分がオーバーロードしたマナクリスタル1つごとにコストが(1)減る。

ステータスは普通、能力はやや厳しい。よほどオーバーロードカードを採用したデッキでもなければ使用する理由はない。アリーナでも低評価になるだろう。


氷上釣り
・氷上釣り スペル2 コモン
自分のデッキからマーロックを2体引く。

能力は良い。クエストとのシナジーもあり、足りなくなりがちなマーロックカードの補充にうってつけの性能である。クエストシャーマンにおいてマストになると思う。アリーナでは見向きもされないだろう。


告死隠者スロール
・告死隠者スロール スペル5 レジェンド
雄叫び:味方のミニオン全てをそれぞれコストが(2)高いランダムなミニオンに変身させる。
・TansmuteSpirit ヒーローパワー2
味方のミニオン1体をコストが(1)高いランダムなミニオンに変身させる。

デッキ構築のコンセプトになり得るカード。
汎用性の高い能力のため、かなり自由にデッキの構築が可能となる。共通するのは、なるべくミニオンを多く場に出すぐらいだろう。


氷砕き
・氷砕き 武器3/1/3 レア
この武器からダメージを受けた凍結中のミニオンを破壊する。

ステータスは悪い、能力は良い。今回の拡張で凍結手段が多く増えたので、凍結主体のデッキであれば十分採用されるだろう。アリーナではやや使いづらいので、評価は低くなるものと思われる。


冷凍睡眠
・冷凍睡眠 スペル2 エピック
ミニオン1体に+3/+3を付与し凍結させる。

能力は良い。挑発持ちに付与すればデメリットは軽減されるが、ランクマで採用されるかは微妙な性能である、アリーナではそこそこ評価されると思う。


オンザロック
オンザロック 2/2/2 コモン
雄叫び:敵1体を凍結させる。

ステータスはやや悪い、能力は普通。マーロック系のデッキに採用される可能性は高いと思われる。シナジーがなくても凍結は有用な能力なので、アリーナでも評価は高くなるだろう。


ムウラビ
・ムウラビ 6/4/4 レジェンド
自身を除くミニオンが凍結される度、そのコピー1体を自分の手札に追加する。

ステータスは悪い、能力はかなり良い。凍結すれば手札増えるので、かなり有能でありランクマでも採用されると思われる。アリーナでは若干使いにくいが、それでも相応の評価があるだろう。


ヴードゥーの呪術師
ヴードゥーの呪術師 5/2/7 レア
挑発、このミニオンからダメージを受けたキャラクターを凍結させる。

ステータスはやや悪い、能力は良い。凍結主体のデッキを組むのであれば、マストなカードになるだろう。凍結はシナジーがなくても有用なので、アリーナでも高評価だろう。


雪崩
・雪崩 スペル4 レア
ミニオン1体を凍結させ、隣接するミニオンに3ダメージを与える。

能力は普通。中途半端な能力のため、やや使いにくそうである。シャーマンはダメージスペルが豊富なので、このカードは採用されないと思われる。アリーナでも低評価になるだろう。