三下パラディン(中低コスト)

デッキレシピ                                                                                         <カード画像>

 

・コスト
Basic(0)x6=0
Common(40)x12=480
Rare(100)x6=600
Epic(400)x5=2000
Legendary(1600)x1=1600
Cost:4680

 

・戦略
アグロ系にみえるが、実体はミッドレンジだったりする。
1マナミニオンを強化してから、場に出していく流れになる。
このデッキは継続戦闘能力が皆無であり、ミニオン交換していくと手詰まりになるため、基本的に場に出したミニオンはフェイス寄りにし、敵ミニオンは基本無視する。
3ターンまではヒーローパワーやドロースペルで凌いでいき、4~5ターンで強化を行い、6ターン以降は全体除去しつつミニオンを場に出していく。トドメは《恐竜化 / Dinosize》を使用して、想定外のダメージを叩きだしてリーサルする。
強化は+3ぐらいまで出来れば十分である。それ以下だと除去されやすい。

マリガンは強化系>ドロー系>除去系の優先順位となる。三下ミニオンは交換してよい。
うまく強化カードが来ないと、なにも出来なくなってしまうのでドローが重要となる。
《三下集合 / Small-Time Recruits》は強化カードをドローする事が出来ないため、《智恵の祝福 / Blessing of Wisdom》《仁義なき地回り / Meanstreet Marshal》がこの役割となる。
《智恵の祝福 / Blessing of Wisdom》こちらのターンに残ったミニオンに積極的につけてよい。1枚ドローできれば十分元はとれている。場に残りやすいカードとして《アージェントの従騎士 / Argent Squire》を無強化で出してもよい。
《仁義なき地回り / Meanstreet Marshal》は、+1強化できた段階で場に出しても良い。もし強化カードがまったく来ない場合は一旦場に出し「+2ミニ」での一時強化でカードを引く方法もある。
除去カードは《平等 / Equality》《聖別 / Consecration》《熱狂する火霊術師 / Wild Pyromancer》の3種類を組み合わせで使用する。
《太陽の番人タリム / Sunkeeper Tarim》は無ければ入れなくてよい。代わりは2枚目の《恐竜化 / Dinosize》など他の強化スペルを入れる。

相手側に対して戦略を変える必要は無いが、相手の行動を先読みしないといけないため玄人向けなデッキになった。

雑記
作ってみたもののあまり勝率は良くなかったりする。ただ、試合後にどのように行動すれば良いか振り返ることが多いデッキだった。ターン毎の選択肢が多いせいで、自分の悪い行動がよく見えることになる。
今はウォーロックでデッキ構築中。