読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クエストドルイド(高コスト)

デッキレシピ                                                                                         <カード画像>

 

・コスト
Basic(0)x6=0
Common(40)x10=400
Rare(100)x6=600
Epic(400)x4=1600
Legendary(1600)x4=4800
Cost:7400


・戦略
基本戦略は、序盤を耐えつつクエストを達成し大型ミニオンで優位を取る流れになる。
ただ、相手のデッキによって序盤に使用するカードと終盤まで取っておくカードが変わるため、かなり戦略が重要になる。
特に《ドブネズミ / Dirty Rat》はかなり重要な役割があるため、取扱に注意する。
《滋養 / Nourish》はなるべく《圧踏のバーナバス / Barnabus the Stomper》を出した後に使用し手札を充実させる。ただし、過剰にミニオンを出す必要ない。
《忘却王クン / Kun the Forgotten King》はクエスト達成前はマナ回復、達成後ならシールドを選択するようにする。
欠点として、大型ミニオンが多く入っているためデッキ事故が発生する可能性がある。


・マリガン
これも相手に応じてかなり変わるが、クエストは必ず入るので残りは2~3マナのミニオンを残しておきたい。《練気 / Innervate》も保持しておいても良い。
ダメージスペルはマリガン時では必須では無いので、交換して良い。


各デッキ対応
・フリーズメイジ
兎にも角にも、このフリーズメイジ対策の為に作成したデッキと言っても過言では無い。
序盤から終盤までの流れはクエストを達成しつつ、《大地のウロコ / Earthen Scales》やヒーローパワーでシールドを貯めていく。あまりミニオンを出し過ぎて除去されるとこちらの攻撃手段がなくなるので注意する。どのみち、フリーズスペルで碌に攻撃できないので精々1~2体は盤面に出している状態を維持するようにしておく。ちなみに《放たれし激昂ヤシャラージュ / Y'Shaarj, Rage Unbound》《ドブネズミ / Dirty Rat》を呼び出してしまうため出さないでおくこと。
終盤で相手のクエストが達成しており、デッキの残りカードの少ない状態の時に《ドブネズミ / Dirty Rat》を出し相手のキーカード(《魔法使いの弟子 / Sorcerer's Apprentice》《大魔術師アントニダス / Archmage Antonidas》《アレクストラーザ / Alexstrasza》等)を呼び出してしまう。そして、ミニオンもしくはスペルで除去してしまう。そのため最低でも、《大魔術師アントニダス / Archmage Antonidas》を除去できるよう《なぎ払い / Swipe》と「《自然の怒り / Wrath》は手札に温存しておく。
それだけで相手はなにもできなくなり、そのまま降伏もしくはデッキ切れまで耐久し自爆ダメージで止めを刺す。
こちらは、多数の大型ミニオンにシールドおよそ30点は稼げるので先にデッキ切れしても持久戦で負けることは無い。
重要なのは《ドブネズミ / Dirty Rat》を出すタイミングだけで、他に危険な要素はほぼ無い。


・クエストローグ
こちらも《ドブネズミ / Dirty Rat》の出し方で優位を取ることが出来る。クエストローグでは最序盤で《ドブネズミ / Dirty Rat》を出し《若き酒造大師 / Youthful Brewmaster》や相手のクエスト達成用のカードを呼び出してしまう。これによりクエスト達成までのターン数を少し稼ぐ事が出来るので、その間に高攻撃力のミニオンを出しフェイス気味に相手の体力を削るように進める。



総評
おおよそのデッキに対して不利なく戦うことができるデッキになった。
また、目的にしていた対フリーズメイジとしては上出来な結果を残せるデッキであると思う。
その代わりではないのだが、高コストデッキになってしまった。